exterior wall paint

外壁塗装について

外壁塗装はおうちのメンテナンス

外壁塗装と聞くと色を塗り替えるだけと勘違いしている方がいらっしゃいますが、メンテナンスとして行うものです。

外壁塗装が必要な理由

建物の美化

建物の保護

建物の遮熱、防汚

建物の防水

塗装を行うことにより、一番実感できるのが美観に当たります。塗装によって色、艶を表現し、住居をより美しく見せてくれます。そして経年劣化によって色褪せてしまった壁、屋根などを再度塗装することによって、鮮やかな色に再生することが可能となります。違う色に変えたりし、コーディネートすることもいいのではないでしょうか。
塗装本来の目的は美観を保つことではなく、大切な住居を保護することです。建物を塗膜によって防水し、寿命を伸ばしてあげる必要があるのです。建物は、日光や風雨の影響で徐々に塗膜は劣化していきます。
それを塗り替えもせずに放置すると、雨漏りを引き起こしたり下地の柱を腐らせてしまうといった重大な欠損に繋がる可能性があります。


塗り替え時期について

外壁塗装における塗り替え時期は材料にもよりますが大凡10年です。
下記のような症状がある場合は塗装するタイミングとなります。

チョーキング現象

紫外線や水の影響で、塗料の色彩を形づくる顔料そのものが劣化して粉状になっている現象です。
塗料の防水機能が低下しているサインです。水を弾かなくなり、雨漏れやカビの原因となります。

塗膜の剥がれ、膨れ

塗装した膜が、はがれたり、フクレたりの症状が現れます。
これは、劣化による付着力の低下、水の浸食が原因です。
もはや壁を保護する機能が無い状態で、下地素材の欠損に進行します

ひび

小さなひびは主に、塗装膜そのものが経年で硬化して起こる現象です。
大きなひびは主に、塗装膜の下地素材が割れている可能性があります。
下地素材からひび割れている場合、雨水が侵入することになります。

鉄素材のものが屋外にあれば当然錆が発生し、塗装しなければなりません。
よく見る錆ですが、放置しておくと雨漏れの原因となったり、土台が変形したり、最悪の場合そのもの自体がなくなる可能性もあります。

サイディングの腐食

サイディングの腐食を放置しておくと建物内部にまで雨水が浸透し、最悪の場合崩れる可能性があります。更に、サイディングの変形にも繋がります。
又、苔の多い箇所は湿気を多く含んでいる為注意が必要となります。