trouble

このような症状はないですか?

危険サイン

塗装に至るまでの原因はそれぞれかと思いますが、そろそろ塗装をしないと危ないサインをまとめました。

チョーキング現象

紫外線や水の影響で、塗料の色彩を形づくる顔料そのものが劣化して粉状になっている現象です。
大凡10年を経過したときに出てきます。
基本的には塗り替えのペースとして10年に一度をお勧め致します。
手に粉が付くのが特徴です。

塗膜の捲れ

塗装した膜が、はがれたり、フクレたりの症状が現れます。

これは、劣化による付着力の低下、水の浸食が原因です。

もはや壁を保護する機能が無い状態で、下地素材の欠損に進行します。

ひび割れ

小さなひびは主に、塗装膜そのものが経年で硬化して起こる現象です。

大きなひびは主に、塗装膜の下地素材が割れている可能性があります。

下地素材からひび割れている場合、雨水が侵入することになります。

シールの劣化

シールが劣化すると画像のように完全に取れてしまい、隙間から雨水が侵入してしまいます。
このような症状が出た場合早急にシールを打ち替える必要があります。
また、打ち替えたシールを保護するという役割で塗装するとシールの寿命が大幅に向上します。

サイディングの腐食

サイディングの腐食を放置しておくと建物内部にまで雨水が浸透し、最悪の場合崩れる可能性があります。
塗膜の劣化から防水機能を失ったサイディングは危険な状態と言えるでしょう。又、苔の多い箇所は湿気を多く含んでいる為注意が必要となります。